科学史の肖像

Nicholaus Copernicus

ニコラウス・コペルニクス
Nicholaus Copernicus

1473年2月19日生-1543年5月24日没

地動説を唱えたことで知られるポーランドの天文学者。 死後出版された『天球の回転について』(1543)はやがて、 ヨーロッパ人の世界観に根本的な変革をもたらすことになった。

本業は、司教座聖堂参事会員という教会の行政職(一種の公務員)。 天文学研究は、その多忙な仕事の合間をぬって行われた。 教会人のため、結婚はしておらず、子どももいない。

プトレマイオスの流れを汲む伝統的な天文学理論(天動説)を学んだが、 より優れた理論を追及した結果、太陽を中心とする宇宙モデルに行き着いた。 当時の通念と異なり、コペルニクスはそれが宇宙の本当の姿だと信じていた。

生涯

ポーランドの街トルニで、四人きょうだいの末っ子として生まれる。 幼いときの名前が何であったかははっきりしないので、ラテン語でニコラウス(英語ではニコラス)と書かれるのが普通である。

父は10歳のときに亡くなり、それ以降は伯父に目をかけられて育った。 ヴァーミア教区の司教となった伯父の意向で、ニコラウスは兄のアンドレアスとともに、教会組織の行政官となるべく教育を受けた。 早くも1496年にはフロムボルクの司教座聖堂参事会員に任命され、生涯その地位にとどまって仕事をこなしていくことになる。 結婚することもなく、波乱というものとはほとんど無縁の一生だったようである。

17歳のとき(1491年)クラクフ大学に入り、ここで天文学と出会った。 次いで22歳のとき(1496年)イタリアのボローニャ大学に留学し、教会法の勉強を始める。いったん帰郷した後、ふたたびイタリアに戻り、パドヴァ大学で医学を学ぶ。 最終的に、1503年に教会法の学位を取得して帰国(ニコラウス30歳)。 これ以降、死ぬまで国を出ることはなかった。

帰国後数年は、伯父の専属の補佐役として働き、そのかたわらで天文学の数学的研究に取り組んだ。 この頃、地動説の基本的なアイディアをまとめ、短い冊子にして親しい友人たちに送った(1510年)。 この冊子は今日、『コメンタリオルス』という名前で知られている。 またほぼ同じ時期に、ギリシア語で書かれた書簡集のラテン語訳を出版してもいる(1509年)。

1512年に伯父が亡くなった後、ヴァーミア地区とドイツ騎士団との対立が激化した。 一時は事実上の戦争状態にまでなったが、コペルニクスは教会側の中心人物としてこの非常事態を乗り切った(〜1525年)。 この時期にはまた、貨幣の鋳造についての論考を書いて議会に提出するなど、行政官として大いに活躍した。 しかしこうしたさなかにも、折を見て、自分の理論をさらに精確にするために必要な天文観測を行っていた。

『コメンタリオルス』以来、コペルニクスの理論のうわさは天文学者のあいだで少しずつ広まっていた。 しかし1539年になってもなお、コペルニクスは自分の理論をまとめた本を出版しようとする気配をまったく見せなかった。 ところがこの年、新しい理論のことを聞いた数学者レティクスが来訪し、これを機に、事態が動き始める。 レティクスはコペルニクスから直接新しい理論を学んで、その一部を『第一解説』と題して出版した(1540年)。 コペルニクスの弟子と呼べる人物は、後にも先にもレティクス一人である。 そうしてコペルニクスもついに、自分の原稿を出版することを決めた。

コペルニクスの主著『天球の回転について』は、レティクスの知人であったニュルンベルクの書籍商のもとで印刷された。 ちなみに、元々のタイトルは単に『回転について』となっており、「天球の」は印刷業者が付け加えたものであるらしい。 また、扉ページの次のところには、コペルニクス自身のものではない「読者へ」という注意書きが印刷されており、これが後になって問題を引き起こした。 そこには、コペルニクス本人の意図に反して、この本で述べられているのは計算に便利な仮定にすぎないと書かれていたのだった。

印刷作業がすべて終わる前に、コペルニクスは卒中に襲われ、病床に伏した。 それ以前から、刷り上がった原稿が少しずつ送られてきてはいたが、「読者へ」を含む最後の部分はようやく1543年5月24日になって届いた。 それは奇しくも、コペルニクスが亡くなったその日のことだった。 コペルニクスが「読者へ」の文章を目にすることはおそらくなかったと思われるが、それは幸せなことだったのかもしれない。

業績

コペルニクスの科学史上の業績は、『天球の回転について』で述べられた天文学理論とその宇宙論的な含意とに尽きている。 それは一般に地動説と呼ばれているが、コペルニクスの考えは現代の宇宙論とはだいぶ違っているという点にも注意しておく必要がある。

コペルニクス以前の伝統的な学説によれば、地球は宇宙の中心で静止しており、その周りを七つの惑星が回っているとされていた。 ここで言う惑星とは、水星、金星、火星、木星、土星、太陽、月のことである。 これらの惑星はそれぞれ、目に見えない天球(透明なドームのようなもの)の回転によって運ばれており、七つの天球のさらに外側には、恒星の天球があると考えられていた。

コペルニクスも、天球の存在を前提にしている。 ただし、地球は宇宙の中心にあって静止しているのではなく、ほかの五つの惑星(水星、金星、火星、木星、土星)と同じように、天球に乗って太陽の周りを回っているとされた(月だけが例外で、これは地球の周りを回っている)。 要するにコペルニクスは、太陽を惑星でなくし、地球を惑星にしたと言うことができる。 これに伴って、地球には日周運動(自転)、年周運動(公転)、歳差運動(自転軸の角度がゆっくりと回転する)の三つが与えられた。

『天球の回転について』はまったく斬新な宇宙論を提唱したように思えるが、その構成や内容の面では、伝統的な数学的天文学の伝統を、特に古代ギリシアの天文学者プトレマイオスの天動説理論を受け継いでいる。 実のところ、宇宙の構造について書かれているのはこの本の第一部だけであり、残り(第二部〜第六部)は、惑星の動きを精確に予測する数学的モデルの解説である。 幾何学を駆使して惑星の運行を計算することが当時の天文学にとっては第一の課題であり、コペルニクスは先人たちの成果を最大限に活用して、より精確な理論の構築を目指したのである。

コペルニクスがなぜ、どのようにして地動説に至ったのかについては、研究者の間でもさまざまな見解がある。 有力な考え方としては、コペルニクスがプトレマイオスの理論に含まれる「エカント」という手法が不満だったというものや、数学的な理論の修正を試みているうちにそこに行き着いたというものがあるが、本当のところははっきりしない。

いずれにしても、コペルニクスが自分の理論について、計算に便利な単なる仮定ではなく、宇宙の本当の姿を表していると考えていたのは確かだと思われる。 しかしその考え方は、『天球の回転について』冒頭の「読者へ」の注意書きのせいもあり、出版当時にはまったく受け入れられなかった。 コペルニクスの説が革命を引き起こすには、さらに半世紀、ケプラーやガリレオの時代を待たねばならない。

参考資料

※コペルニクスについては、このサイトの「革命の出版:コペルニクスの地動説」に詳しく書いています。 そちらもあわせてご覧いただければ幸いです。

2009/3/9; 3/12訂正; 2011/6/5
(c)ARIGA Nobumichi
戻る